ソニー銀行の住宅ローン 本文へジャンプ

FP事務所
nanoアドバイスサービス
・はじめに


 「住宅ローンをどこで借り入れようか・・・」
 私自身がマンション住宅購入に当たり、画一的な大手の銀行とは違う優れたローンはないのかと探していたときに巡りあったのが「ソニー銀行の住宅ローン」でした。
 ソニー銀行の住宅ローンは、一般の銀行と比較して大変ユニークな特徴を持っています。
いくつかあげると、

  • 借り入れまでの手続きは郵送、電話、ネットで終了。銀行に出向く必要はない。
  • 保証料が無料。団信保険料も銀行負担。(3大疾病保障特約や引受範囲を拡大したワイド団信は、金利上乗せがあります。)
  • 手数料は、定額の43,200円のプランと、借入額×2.16%のプランから選択可能。(提携ローンの場合、手数料や金利がさらにお得になることがあります。)
  • 夫婦や親子での「ペアローン」が可能。(連帯債務の新規取扱いは中止されています。)
  • 変動にするか、固定にするか、はローン実行直前にネット上の手続きで確定。
  • 借り入れ後の各種手続きは全てネットで終了。
  • 繰上返済手数料が無料で、しかも簡単。
  • 変動から固定への変更が無料で、しかも簡単。
  • 固定期間中に変動に戻すことが出来る。(手数料がかかる場合がありますが、無料の場合もあります。)
  • 毎月15日に翌月の金利が発表される。
  • 特殊な部分固定特約。
  • 他の銀行から、毎月定額を自動的に資金移動できる。しかも手数料無料。

 これらの詳細は、ソニーバンクのサイトで、もちろんきちんと説明されていますが、特にソニー銀行最大の特徴とも言える「固定→変動の手数料」や「部分固定特約」は、説明がきちんとし過ぎているために、私には、正直に言ってややわかりにくい面もありました。

 このわかりにくさは、金融知識の少ない多くの方にとっても、同様なのではないかと思います。
 このため、残念ながらソニー銀行を敬遠してしまう人や、せっかくソニー銀行で借りているのに上記の特徴を活かせていない方が少なくないように思います。

 かく言う私自身も、はじめは理解しているとは言い難い状態でした。

 そこで、自分自身が経験したり、コミュニケーターに問い合わせたり、色々なサイトで情報交換したりしていく中で理解してきた部分を、できるだけわかりやすく紹介していきたいと思います。

 検討中の方、これから借りる方、今借りている方、全ての方の参考になればと思っています。

 なお、このサイトの情報は出来るだけ正確に書いているつもりですが、私が誤解している部分もあるかもしれません。このサイトの情報により損害を被った場合、責任は負えませんので、ご了承下さい。疑問点の最終的な確認は、ソニー銀行のローンアドバイザーにお問い合わせ下さいますようお願いいたします。

熊谷太郎
(AFP、2級ファイナンシャル・プランニング技能士、住宅ローンアドバイザー)